複合機を導入するときのポイントの一つが機種選びではないでしょうか。

レンタル複合機はレンタル会社で選べる機種が異なる

複合機の導入方法には、購入、リース契約とともに、短期の利用に便利なレンタル複合機という選択肢もあります。
そこで、複合機の導入するとき、それぞれ希望の複合機が導入できるのか?

購入(買取り)は、当然費用に余裕があれば希望の複合機が選べますが、リース契約やレンタル複合機は自由に機種選べるのか疑問がありますよね。

ということで今回は、リース契約およびレンタル複合機の選べる機種についてご説明いたします。

▶︎目次

1.複合機のリース契約とレンタル複合機は自由に機種が選べるのか?

業務用の複合機も、その他の家電製品と同様に、定期的に新しい機能を搭載して機種が販売されています。
いわゆる買い時が難しい状態です。

複合機を現金で購入するときは、もちろん希望する複合機を選んで購入します。
そこで、リース契約やレンタル複合機では、自由に機種が選べるのか?

複合機のリース契約とレンタル複合機は自由に機種が選べるのか?

複合機のリース契約は希望の機種が選べる!

リース契約では、主に金融性重視の「ファイナンス・リース」が採用され、契約者が希望する複合機をリース会社が代わりに購入して、契約者は毎月リース料金を支払うことを条件に、その希望する複合機が使えるようになります。

このように、リース契約で複合機を導入するときは、導入を希望する機種は自由に選べます。

その導入する機種およびリース期間によってリース料金が異なり、契約したリース期間中の解約は基本的にできません。
どうしても解約したいときは、残債の一括払いという形で違約金が必要になります。

レンタル複合機はレンタル会社で所有している機種のみ!

レンタル複合機の場合、一般的な製品と同様にレンタル会社が既に所有している機種から選ぶ必要があります。

レンタル会社によって、CanonやSHARP、RICOHといった、取り扱っているメーカーが異なります。
そのため、まずはどのメーカーの複合機かを決める必要があり、現在では最新の機種も揃えられているので、レンタルといっても十分な機能が備わった機種が利用できます。

レンタル期間も最短1泊2日から1ヶ月単位、さらに年契約を結べるレンタル会社もあるので、利用期間については融通がある程度ききます。

また、途中解約は基本的に自由に行えますが、レンタル会社によっては携帯電話のような違約金が請求されるケースもあるので、契約内容はしっかり確認しましょう。

2.まとめ

複合機の導入において、機種選びは重要なポイント。
基本的に、購入はもちろんリース契約では希望する機種の導入ができます。

レンタル複合機については、レンタル会社で取り扱っているメーカーの機種のみレンタルが可能。

基本的にレンタルは短期での利用が多いことから、コピーやプリント、FAXといったある程度の機能が使えれば充分。そのため、レンタル料金も含めて、安くて機能性に優れた機種を選びたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です