短期間の利用に便利でお得な「レンタル複合機」。
利用したいときに利用したい期間だけレンタルできるので、業務用としては勿論、個人でもレンタルができます。

レンタル複合機の料金の仕組み

そんなレンタル複合機は、当然レンタル料金を支払うことでレンタルしてもらえます。
そこで、レンタル複合機の料金の仕組みはどうなっているのか?

レンタルなので、何となく料金システムはイメージできるものの、実際にどんなシステムになっているのか一番重要なポイントです。
というわけで今回は、レンタル複合機の料金の仕組みをご説明いたします。

▶︎目次

1.レンタル複合機の料金の仕組み

複合機を1日、1週間、1ヶ月など、短期間使いたいとき、レンタル複合機の利用が便利でお得。

一般的に、新品複合機に限っては「リース契約」が結ばれますが、リース期間は大抵5年~6年。
また、リース契約とは別に保守契約を結ぶ必要があり、一般的に契約者が多い「カウンター保守」のカウンター料金の支払いもランニングコストとして考えておかなければなりません。

レンタル複合機の料金の仕組みを簡単解説

レンタル複合機の料金の仕組み

一方のレンタル複合機の料金システムですが、毎月のレンタル料金と、リース契約と同様に保守サービス料金が加算されます。

まず、レンタル料金ですが、レンタル会社によってレンタル期間の設定、レンタル料金がまったく異なります。

レンタル期間については、最短で1泊2日から1週間、1ヶ月単位と、設定は様々。
そこで、一例としてPC、サーバ、ネットワーク機器の販売、リースおよびレンタルサービスなどの事業を行っている「Crafty」の料金プランをご紹介いたします。

クラスCS レンタル:連続複写速度 カラー・モノクロともに20枚~29枚/分
クラスCM レンタル:連続複写速度 カラー・モノクロともに30枚~39枚/分
クラスCL レンタル:連続複写速度 カラー・モノクロともに41枚/分

短期レンタル

レンタル期間 クラスCS レンタル クラスCM レンタル クラスCL レンタル
1泊2日 8,000円 10,000円 12,000円
2泊3日 9,600円 12,000円 14,400円
1週間 12,000円 15,000円 15,000円
1~11ヶ月料金 16,000円/月 20,000円/月 21,600円/月
12~23ヶ月料金 14,400円/月 18,000円/月 21,600円/月
24~35ヶ月料金 12,800円/月 16,000円/月 19,200円/月

長期レンタル

レンタル期間 クラスCS レンタル クラスCM レンタル クラスCL レンタル
長期3年契約 11,200円/月 14,000円/月 16,800円/月
長期4年契約 10,400円/月 13,000円/月 15,600円/月
長期5年契約 9,600円/月 12,000円/月 14,400円/月

以上のように、Craftyでは最短1泊2日から最長5年まで、細かくレンタル期間が設定されているので、ニーズに合わせてレンタル契約が可能。

もちろん、他のサイトでも独自のレンタル期間およびレンタル料金が設定されています。

レンタル複合機の保守契約とは?

複合機は基本的に精密機械であり、ちょっとした紙詰まりでも故障することはよくあります。
そのため、レンタル複合機でも、レンタル料金とは別に保守料金が必要。

サイトによっては、レンタル料金の中に保守サービスが含まれている場合はありますが、一般的に「カウンター保守」のようなカウンター料金をレンタル料金とは別に支払う形になります。

カウンター料金とは、カラー・モノクロのそれぞれ1枚あたりの単価を設定して、利用枚数によって請求されるもの。
1枚単価は、明確な単価の表示がないので、複合機の本体の見積もりと合わせて確認が必要です。

このカウンター料金を支払うことで、レンタル期間中のトナー代金や故障時の修理代金、作業員出張費、メンテナン費用などが無料になります。

2.まとめ

複合機を短期間使いたいときに便利なレンタル複合機。

今回は、料金の仕組みをご紹介しましたが、リース契約のように複合機本体のレンタル料金と、レンタル期間中の保守サービスを受けるためにカウンター料金が必要になります。

複合機本体のレンタル料金は、期間の設定方法や単価がまったく異なるので、相場の算出は困難。
まずは問い合せて、希望の機種とレンタル期間を伝えて見積もりを依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です