業務用の複合機はとにかく高額。
通常の25枚/1分の複写速度の複合機で100万円~150万円と、初期費用として大きな負担がかかってしまいます。

レンタル複合機の初期費用

そのため、一般的に「リース契約」で導入され、短期間使いたいときは「レンタル複合機」がとても便利に利用できます。
リースおよびレンタルともに、月額料金を支払うことで複合機が利用できるので、初期費用が大幅に削減できます。

でも、レンタル複合機にも何かしらの初期費用が必要になるのでは?

ということで今回は、レンタル複合機の初期費用について簡単にご説明いたします。

▶︎目次

1.レンタル複合機にも初期費用は必要なのか?

新品の複合機は、通常タイプでも100万円~150万円と高額。
購入(買取り)しようとすれば初期費用としてまとまったお金が必要になってしまいます。

そのため、複合機を導入する方法として「リース契約」と「レンタル契約」を利用する法人がほとんど。
一般的に複合機を3年以上利用する場合は「リース契約」が結ばれ、1年未満の短期間使いたいときは「レンタル複合機」が最適です。

レンタル複合機の初期費用

短期間の利用は「レンタル複合機」が重宝します。

レンタル複合機に初期費用は必要なのか?

リース契約のような契約審査もなく比較的簡単な手続きで利用が開始でき、リース期間も1ヶ月~自由に設定可能。
レンタル業者によっては、1泊2日というプランまで用意されているのです。

毎月のレンタル料金および1枚あたりのカウンター料金などの費用は必要になるものの、複合機本体を導入するための初期費用は大幅に削減できます。

ただし、選べる複合機は申し込むレンタル会社によって異なり、基本的にレンタル会社で既に所有している複合機をレンタルする形になります。

また、レンタル複合機を利用すれば、複合機本体を導入する初期費用の負担は大幅に削減できますが「搬入搬出費」が必要。

こちらもレンタル会社で異なりますが、相場として、
搬入搬出費:20,000円~30,000円(往復)
この程度が目安になります。

その他にも、2階以上の建物でエレベーターがなく階段で搬出搬入する場合は、別途に10,000円程度かかります。

以上のように、複合機本体を導入するための初期費用は大幅に削減されますが、レンタル複合機では搬入搬出に関わる費用が必要。

レンタル会社によっては搬出搬入0円のサービスを行っているので、レンタル複合機を申し込む際には搬出と搬入の方法や費用の確認は忘れずに行いましょう。

2.まとめ

複合機は高額。そのため、一般的なオフィスでは「リース契約」で、短期間のみ複合機を使いたいときは「レンタル契約」で導入されます。

今回はレンタル複合機に注目してご紹介しましたが、リース契約とともに導入するための初期費用は大幅に削減できます。

ただし、リースでは不要ですがレンタル複合機では「搬入搬出費」が必要になるので、見積もり内容はよく確認しましょう。
特に2階以上の建物でエレベーターがない場合は、事前に現地を確認してもらうことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です